Home > 1. ブリスベンの春 > トリック・オア・トリート

トリック・オア・トリート

本日、ブリスベンではいまいち盛り上がっていないハロウィンの日です。
ここ数年はブリスベンでもこの時期にはあちこちにハロウィン用の仮装グッズが出回るようにはなりましたが、ハロウィーン・パーティとやらも季節柄テーマになることはあっても『この時期には必ず開催する』という気合の入った家もほとんどなく、クリスマスやイースターとは違ってあまり浸透していません。
小さな子どもが多い新興住宅街や若い家族の多い地域では割と盛り上がっているところもあるらしいのですが、お年寄りが多く住む古くからの地域ではお祭りという雰囲気は全くなく、ハロウィンは極々普通の日です。
なので、仮装した子どもたちが家にやってきて
『トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)!』
と叫んでも、あげるべきお菓子を用意してない家も珍しくありません。


しかし今年は、ご近所さんからこんなのが回ってきました。
ハロウィンの招待状
トリック・オア・トリートの招待状です。

一足早い週末の土曜日、トリック・オア・トリートに参加したい人は集まって一緒に回りましょう、というお誘いです。
お菓子を用意している家は、付属の風船を膨らませてポストに付けて置いてください、とも書かれていました。
周るほうは、その風船がある家を目指していけばいい、という賢い仕組みです!


と、いうわけで、娘も友達を誘って、参加してきましたー。
魔女子さん

娘たちが扮したのは、トラディショナルな正しい魔女(?笑)でした。
ですが、周ってきたグループに拠っては、
「なにそれダンスパーティ?(笑)」
と聞きたくなるような、仮装というより単におしゃれをしているだけ、という女の子たちもいました。

当初は、開催日時が本当のハロウィンの日ではないこともあって参加者は少なそうと聞いていたのですが、どこから聞きつけたのかものすごい量の子どもたちが次から次へとやってきて、山のように用意していたお菓子もどんどん無くなっていきました。
でも、これくらいにぎやかな方が、イベントは楽しいですね。
いつもの年は、一応お菓子は用意しているものの、来ても一組か二組という寂しい状態でしたので・・・

娘に拠ると風船を付けてくれている家も結構あったそうで、山ほどお菓子をもらってきました
どういうわけか男子の参加者はほとんどいなくて、女の子か小さい子どもたちのグループばかりでした。
ハロウィン関連のニュースでよく見かけるような、おどろおどろしいゾンビとかの仮装は一人も見かけませんでした(私はあの仮装を見るのが苦手なので、そういう子が来なくてほっとしました^^;)


さて、本日が本当のハロウィンの日ですが、今日も来てくれるかな?
ブリスベンでは昨夜大嵐がやってきて、今日もどんより曇っており、お天気が心配ですが…。

ブリスベンでの、関連するかもしれない話

ブリスベン市から警告が来ました。, ブリスベンにも、春が来ました, 避難袋の中身, チャリティ・バザーのお知らせ@ブリスベン, オーストラリアde日本の冷蔵庫, ご心配おかけしてます・・・, ブリスベンで洪水警報, ブリスベンの大晦日花火, ありえない話ヾ(*`Д´*)ノ彡☆ Part3, ブリスベンの町:ウィナムとマンリー、そしてサルサパリラのこと, お詫びのお品, りちさんのところに遊びに行きました&アボリジニの神話, 屋根が吹き飛ばされてからEKKAのチケットを買うまでの話, アメリカなケーキ。, 最後のクリスマス

コメント:8

コメントフォーム
Remember personal info

KYO 11-11-07 (月) 15:33

▼たいゆうさん、

娘・・・かわいいですか^^;?
私は、ばーさん姿がなんて似合うんだろう!とびっくりして、むしろ引いてしまいました~(笑)

風船作戦、ホントに頭がいいなぁー、と感動ものでしたよー。
たいゆうさんちも、いかがですか?

KYO 11-11-07 (月) 15:32

▼Rooさん、引率お疲れ様でしたーーー。

日本も今は浸透しかけているところだと思うので、来年は【風船作戦】いかがですかー(^.^)?
でも、もしかすると来年あたりは、ハロウィンはブリスベンよりも日本のほうが浸透してるかもしれないですね…
私の母が住む田舎町でも、小学生が仮装して周っていると母が申しておりましたー。

KYO 11-11-07 (月) 15:30

▼ちろこさん、

お菓子は、、、
今回は、結構常識的でしたよ^^;
カラフルなお菓子、お好きなんですかー。
ブリスベンで見かけるお菓子は、合衆国の片隅の方がよくブログに載せておられるような、絵の具で着色したようなのはあんまりありません。
でも、日本のに比べると、断然毒々しいです。(T_T)

私はこう見えても(笑)内気な子どもだったので、知らない人の家を訪ねていくお祭りはなじめなかったかも…
特にブリスベンみたいに、尋ねて行っても無碍に断られる、という状況では、なかなか訪ねていけそうもありません(T_T)

ちろこ 11-11-01 (火) 8:55

来年はうちも風船、飾っておきますからどうぞ大挙していらしてくださいな〜。
収穫はどんなお菓子なんですか?
味は別として、私はカラフルなお菓子を見るのが大好きなんです。
自分も子供の頃もそういうお祭りがあったら楽しかっただろうなぁ、と羨ましいです。

Roo 11-11-01 (火) 0:33

お~、画期的なシステムですね!(^-^)
風船があった方がトラブルが無くて良いですよね。

私は先週、無事、終了しました。
最近はハロウィンの認知度が広まったおかげで
魔女の格好で国道沿いを歩いてもギョッとされる
事なく出来ました(^^;)

たいゆう 11-10-31 (月) 17:18

その風船作戦は凄いです。意気込んで行ったのに何も無くてガッカリはずれ~~が無いですよね。
ムスメちゃん、可愛いです。

KYO 11-10-31 (月) 12:18

▼りちさん、

りちさんちのご近所では、ハロウィン盛り上がってますか~?
小さなお子さんが多そうだから、結構盛んなのかな?(^.^)

風船がどこもお菓子を用意してます!のマークになるのかどうかはよくわからないのですが、確かに、目印になってしまいそうですねー。
娘の友達の家は気合入りまくりで、前庭にクリスマスの時のようにハロウィンのデコレーションをしていて、骸骨とか死人とかが並んでいるそうで…
ちょっと、見たくないなぁと思ってしまいましたが、そういう家には、お菓子をもらいに行きやすそうですねー。

りち 11-10-31 (月) 11:47

えぇ〜 楽しそう!!しかも、そういうオーガナイズされた感じ(日にち指定して集まり、お菓子を用意してる家は風船を付けて)だとやりやすいですね。私も仮装したいぃ!!(笑)
それにしても、ふと気付くと、家も玄関に風船を付けています。お菓子を用意していますが、”お菓子の用意があります”のお知らせではなく、ただの飾り。(笑) しかも、パパがお休みなので、バビーを連れてTrick or Treatに行くつもりなので、家に居ない可能性大。こりゃ、外した方が良さそうですね。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://brisbane.gday.jp/australia/%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
トリック・オア・トリート from ブリスベン暮らし。

Home > 1. ブリスベンの春 > トリック・オア・トリート

検索
フィード
メタ情報

Return to page top