Home > 3. ブリスベンでの暮らし > 停電時の対策など

停電時の対策など

金曜日の午後からずっと、パソコンに張り付いています。
こんなにもインターネットが頼もしく、そしてもどかしく思ったことはかつてありませんでした。
いても立ってもいられず、かといって何ができるわけでもなく、身も心も落ち着かず、ずっとそわそわしています。

ですが、これから計画停電(輪番停電)が実地されると聞き、ほんの少しだけ役に立てるかもと思ってブログを更新しにきました。
こんな非常時に私のブログを読んでくださる方がいらっしゃるかどうかわからないのですが、たったお一人だけでも、どなたかのお役に立てれば…。


—————-
▼停電について


● 冷蔵庫と冷凍庫
以下、詳しくはこちらに書いていますが、その抜粋です。
避難生活で役立ったこと

停電が始まるまでに、冷凍庫に、できる限りたくさんの氷を作る。

私はペットボトルに水を八分目詰めたもの(※ペットボトルの容量いっぱいに水を入れてしまうと、凍らせてる最中に破裂することがあります)を、隙間無くぎゅうぎゅうに詰めて凍らせました。
冷凍庫をなるべく開けなければ、その氷は真夏の暑さの中を4日間がんばってくれたのは以前ブログ記事に書いたとおりです(※冷凍庫の大きさはわかりませんが、我が家の冷蔵庫は総容量500リットルのものでした。どのくらいの時間大丈夫なのかは冷凍庫の大きさに拠って変わると思いますが、ご参考までに・・・)。
冷蔵庫と違って、冷凍庫は「目いっぱいものが入っている」方が保冷性が高まります。
日本は今はまだ寒いそうなので、数時間の停電なら、冷凍庫は十分乗り切ってくれると思います。

それから万が一長時間の停電が始まったときに備えて、冷蔵庫も冷凍庫も中に何が入っているかのメモを書いて、外側に貼っておくと便利です(空ける回数を減らせます)。

なお、我が家の停電時は、冷凍庫部分は大活躍だったのですが、真夏だったこともあって冷蔵庫の部分は停電2日目でほとんど用を成さなくなりました。
2日以上の停電が続いたときは、腐りやすいものは冷蔵庫の中身も冷凍庫に移動することをお勧めします。


● 停電が始まったら、コンセントはできる限り全部抜いておく
日本の家電は優秀なのできっと大丈夫だとは思うのですが、オーストラリアの家電は弱く、停電が終了したとたんに通電に拠って冷蔵庫が壊れてしまったことはブログにも書いたとおりです。
停電が始まったら、復旧するまで電気器具のコンセントは念のため抜いておいたほうがいいです。


● 照明の確保
以前「廃油のオイルランプ」の作り方を書きましたが、あれは余震が続く今のような場合には倒れると火事になる恐れがあり大変危険なので、屋外以外では使わないでください。
その代わり、といっては何ですが、役に立つリンクをネットのお師匠様であるADEAMさまに教えていただいたので張っておきます。
ADEAMさま、ありがとうございますm(__)m

停電時のまとめ

この中に、いっぱい役に立ちそうなリンクがあるのですが、その中でもコレ!と思ったのが以下です。

☆ 【拡散希望】PSP、iPhone、Androidプラス、コンビニ袋で簡易ランタンに #jishin
PSPを持っている人へ!壁紙のテーマを白に変更してコンビニ袋に入れると簡易ランタンになります!手首に下げられて広範囲を照らせるので懐中電灯ない人は試して見て下さい!
IPhoneやAndroidなど、表示面の広い携帯端末を半透明のビニール袋に入れることで光が拡散します。



☆ 急な停電にもあわてない、ツナ缶をオイルランプにするハック

用意するもの;ツナの缶詰(オイル漬けのもの)、釘、金づち、木綿の芯(わたしはタコ糸を使いました)

先ほど実際に作ってみました。
ツナ缶で明かり 超カンタンです。
ツナ缶に釘で穴を開けて、縁った木綿の芯を差し込むだけです。
材料さえあれば、1分で用意できます(芯にツナ缶のオイルが浸透するまで、30分くらい待ってくださいとのことです。私は最初、5分で火をつけて失敗しました・・・)。
油が浸透していれば、煙もそれほど出ません。
「ツナくさい」ということもありません(ほのかには香ります)。
これなら安定性もいいので、余震のときに倒れて火事になる心配も低そうです(ただし、もちろん周りに燃えるものが無いところで使ってくださいね)。
中のツナは、もちろん食べることができるそうです!

なお、細い芯を使うと長持ちする小さな光が、太い芯を使うと明るい大きな光のが作れます。

以下、作り方の動画です。



● 料理
以下は、停電していない地域でも電気やエネルギーを節約するのに役に立ちそうかな?と思って書いておきます。


☆ 圧力鍋をお持ちなら、それを目いっぱい使うことでカセットコンロのガスを節約できますが、お持ちでない場合、新聞紙や毛布、発泡スチロールを用意して保温することでエネルギーを節約しつつおいしい料理ができます。
やり方は、

1. なるべく厚いなべを用意。
2. 材料を入れて、ふたをして沸騰したら5分くらい煮る(切った材料の大きさに拠って時間は変える。基本的には、入れた材料が100度に温まればOK)
3. それを新聞紙や毛布、発泡スチロールでできるだけぐるぐる巻きに頑丈に保温して、半日くらい置く

いわゆる「スロークック」です。
野菜スープとか煮物、おかゆとかも出来ます。
火を使う時間も短いので、余震が続く中でもちょっと安心して料理できるんじゃないかと思います。


☆ 保温瓶(魔法瓶)をお持ちなら、豆も煮れます(これは以前赤星たみこさんのページで拝見して、以来真似させていただいている方法です)。

1. お湯を沸かして、熱湯を保温瓶に注ぐ。(※保温瓶の内部を暖めておくため)
2. いったんそのお湯を出して、それをもう一度沸騰させる。
3. 保温瓶に、豆を入れる。(あらかじめ水につけてふやかしたりしなくても、ざっと洗って水を切ったものをそのまま入れてOKです)。
4. 保温瓶の口いっぱいぎりぎりまで熱湯を注ぐ。
5. ふたをした保温瓶を横倒しにして、そのまま半日ほど放置。

豆の適量の分量はきっと保温瓶の大きさによって変わると思うのですが、我が家の1.5リットルの小さなポットの場合、大豆みたいな硬い豆でも一度にカップ1杯くらいはラクラクやわらかくなります。

なお、押してお湯を出すタイプの保温ポットは、中に管がありそこに詰まることもあるそうなので注意してください。

元ネタはこちらです。
赤星流 エゴロジストな暮らし


● トイレの水
突然トイレの話になりますが、先述の、ADEAMさんに教えていただいたリンク。
断水・給水制限・停電時のトイレ使用について

ウォシュレットをお使いの方必見です。


————————-
▼津波警報が発令されたときについて

もう、いまさら私が書くことでもないでしょうけれどもとにかくすぐ逃げてください。
津波警報なんてのも確認せずに、「海辺で強い揺れを感じたら、すぐ高台に逃げる」方がいいです。


母は海辺から500メートルと離れていない地域に住んでおり、「10メートル以上の大津波が来るかも」などという警報が出たので、今回本当に心配でした。
でもなんと、私がしつこくしつこく言ったので母はすぐ避難しましたが、母の周りは避難しなかった人の方が圧倒的に多かったそうなんです。
町が丸ごと行方不明となってしまったという想像を絶するニュースが流れていますが、運よく大津波が来なかっただけで、母の住む町も同じ状態になっていた可能性もあるんです。

以前テレビで、「津波のとき、みんなを避難させる方法」というのをやっていました。
それは、「今すぐ逃げてください!」と呼びかけながら、呼びかける本人がすぐに避難する。というものでした。
町内会長さんとか、村長さんとか、市長さんとか、上の立場の人がやるとなおさら良いそうです。
「あの人が逃げるなら、自分もすぐ逃げなくちゃ!」
という心理が働くんだそうです。

これ、うろ覚えなので元ネタを検索してみましたが探し出せませんでした…
数年前にやっていた、北野たけしがコメンテーターの番組です(アンビリーバボーだったんじゃないかと思うのですが、確信持てずです)。
どこかの町の町長さんが実際にこれをやり、津波警報発令時に町民を見事避難場所に誘導した話でした。

母も同じ番組を見ていて、今回避難する道すがら、みんなに声を掛けたんだそうです。
その結果、母のご近所さんだけは、みんな一緒に避難所に行ったと申しておりました。
集団心理の操作がうまくいったというわけです。

・・・ところが、まだ避難指示は解除になっていないのに、夜中に母は帰ってきてしまいました。
避難所が寒すぎて年寄りには耐えられなかったのと、市のサイレンが鳴り止んだので、「もう良いだろう」と誰かが言い出し、いっせいに戻ったみたいなんです(ここでも集団心理が働いてしまったんですね)。
今回初めて知りましたが、避難指示とか避難勧告はあっても「避難命令」というのは無いらしく、拘束力も無いそうなんです。
とんでもないことだと思いました。

結果的には、母の住む地域には、大津波はきませんでした。
でも、ほんの小さなうねりが来ただけなのに、港にあった漁船はみんな横倒しになったそうです。
水の威力は、本当に恐ろしいんです。
と、いうことも、漁師町だからみんな知っているはずなのに、この失態はどうしたことでしょう?


どうか皆さん、命は大事にしてください!!
一瞬の判断が、生死を分けます。
命さえ無事なら、後のことはなんとでもなりますから・・・。

————————-
▼最後に、


みなさん、笑顔でいましょう!!!


まったく笑える状況でないのはわかってます。
でも、あえて笑いましょう!!
おかしくなくても声を出して笑うと、脳みその奥底は自分がわざとやっていることに気づかず、「誰か笑ってるな、楽しそうだなっ!」って認識するんだそうです。
そうすると、だんだんイヤな気持ちが消えていくんですって。


オーストラリアの人は、つらいときこそ笑顔を忘れない人が多いです。
つらい状況でも、笑顔の種を作ったり、探したりしようとします。
日本人の私としては馴染みにくいと感じることもありますが、これは本当に大切なことなんです。
「不謹慎」なんかじゃありません。

地震発生以来ずっとネット経由で日本のテレビを見ていて、悲惨な状況ばかりなので、私はだんだんと釣られて欝っぽくなってきました。
これは大変、と、今日は敢えてテレビを見るのをやめました。
真っ只中にいる方は、もっとそういう状況に陥っているんじゃないかと心配です。
テレビもどこか一社くらいは、悲惨な状況を煽るだけでなく、必要な情報のみを流してくれないかなぁと思います。
ラジオは聞けていませんが、ラジオはちゃんと必要な情報を流してくれているんでしょうか?

ブリスベンの洪水時は、ラジオの情報が、本当にとても役に立ちました。
状況の悲惨さを知ったのは、洪水の後でした。
でも、真っ最中には、「悲惨な状況の詳細」なんてそれほど必要な情報じゃないと思うんです。
危険な箇所、助けが必要な箇所だけ知らせてくれたら、それで十分です。


————————-

これからしばらく、ブログの定期更新は休止します(何かもし役に立てていただけそうなリンクや情報を聞いた場合は、このページに追加していきます)。
どうか皆さん、ご無事でいてください。
日本は大丈夫、と信じています。

ブリスベンでの、関連するかもしれない話

多文化的な一日, 避難袋の中身, ニュージーランドの大地震, NHK地球アゴラに出演しまーす&【心はひとつ】, 自己紹介, ブリスベンで洪水再び, ブリスベンでの金星の太陽面通過を見た話, ブリスベンde地デジ化(と、海外から日本のテレビ再び), ピー味噌の野望, 在ブリスベン日本総領事館に寄付金持って行きました&Sushi Keiさん, がんばろう福島、がんばろう東北、がんばろう日本, サイクロン・ヤシとブリスベンでのサイクロンの対策, ブリスベンの洪水-2, ブリスベンの洪水-1, 誕生日プレゼント

コメント:18

コメントフォーム
Remember personal info

KYO 11-03-21 (月) 9:32

▼たいゆうさん、

ラジオは、有事には本当に心の支えでした。
私も洪水以来、ラジオには電池を入れています。
今、手巻きラジオがほしいなぁと思っています(が、まだ手に入れていません…)。

外からニュースを見ていると、日本中が沈没してしまったかのような錯覚に襲われそうになります。
そうではない、ちゃんと日常も続いている、というのをいろいろな方のブログ(たいゆうさんのを含めて)を拝見し、本当にホッとしています。
ありがとうございます。

KYO 11-03-21 (月) 9:29

▼づみさん、

東北の大被害の前に吹き飛んでしまった感がありますが、千葉も、茨城も、普段であれば大ニュースになるくらいの被害でしたよね。
まだまだ不自由な生活を強いられている方も多いと聞いています。
そういう方々に、早く救助の手が差し伸べられますように。
づみさんも、どうぞご無事でいらしてくださいね。

KYO 11-03-21 (月) 9:26

▼ディジュさん、

ディジュさんも、お嬢様もご無事で本当に何よりでした。
品不足も、だんだんとみな冷静になって少しづつ解決していると聞いています。
どんどん改善されていくといいですね。

KYO 11-03-21 (月) 9:22

▼ちろこさん、

TAMAさまのところでしょっちゅうお名前をお見かけしているので「初めて」という気がしません。初コメントありがとうございます!
そうですか、ちろこさんは、岩手にお住まいだったんですね・・・。

確かに、東北の方は「言葉が少なく我慢強い」というイメージがあります。
今、それが発揮されていますね。
でも、日本政府はそれに甘んじることなく、我慢させすぎたりしませんようにと祈っています。

THERMOSいいですよね!
実は、この記事中に書いた「豆をポットで煮る方法」ですが、使用しているのはTHERMOSのものです。
ちろこさんのコメントを拝読してアッと気づいたのですが、容量はちょっと小さいのですが、口が広いので豆が煮えるならもしかしたらスロークッカーの代わりに使えるかも!
早速試してみたいと思います!!

KYO 11-03-21 (月) 9:18

▼Sanaeさん、

コメントと、そしてブログへのリンクをありがとうございます!
新しい記事に書きましたが、私は今、ラジオ福島をネット経由で聴いています。
私はもともとラジオ小僧(聴くのもいじるのも大好き!)だったので、ラジオに拠る声だけの暖かさに、今、癒されています。
被災地の皆様にも、ラジオの癒しが届いていますように。

KYO 11-03-21 (月) 9:14

▼tomoさん、

お嬢様、ご無事で何よりです!
tomoさんも、心配でしたね。
お疲れ様でした。
東京は、現在はずいぶんと落ち着いてきたようで何よりです。
せっかく無事だったのですから、東京にいる日本のリーダーには、バシバシと状況を仕切ってもらいたいと期待しています。

KYO 11-03-21 (月) 9:12

▼ともぢさん、

「サンドウィッチマン」って、お名前しか存じなかったのですが今回の地震に絡みあちこちのニュースでお見かけしました。
オーストラリアでは、避難所のボランティア募集には常に「エンターティナー」も入っているんですよ!
今はまだ、現場ではまったくそんな状態じゃないでしょうけれど、ひと段落して、ご飯も寝る場所も皆が確保できるようになったら、日本でもぜひそういうボランティアを入れてほしいものだと思います。
せめて小さな子どもには、不安を少しでも取り除いてあげてほしい。
・・・って、やっぱり日本だとそんなのは馴染めないかな。

KYO 11-03-21 (月) 9:07

▼ゆうゆうさん、

実は私も、ツナ缶はいままでノンオイルばっかり買っていました。

ペットボトル氷の情報が役に立ってうれしいです。
節電と募金、みんなで作る大きな力に立派に貢献していますよね!!

Roo 11-03-19 (土) 0:27

KYOさんのブログでペツトボトルの
氷の件を読んでいたのですぐに準備が
できました(^-^)
3時間程度では溶けません!
有難うございます。

ゆうゆう 11-03-18 (金) 18:08

私の所は、まだ停電になっていないのですが、
ブリスベンの洪水の時のブログを思い出して
ペットボトルの水を冷凍庫に入れました。
ありがとうございました。

ツナ缶も頭に入れておきます。
ノンオイルばかり買っていたので
今度からは、オイルタイプにしなくちゃ。

何も出来ることがなくて…節電と募金だけです。

ともぢ 11-03-15 (火) 23:46

うちの市は、今日から一部で輪番停電がはじまりました。私のエリアは今日は回避でしたが、今週まったく回避ということはないと思うので備えたいと思います。

笑顔の話で思い出しましたが、民放がバラエティ番組を放送しだしました。
サンドウィッチマン(コンビのお笑い芸人です。知ってるかな?気仙沼でロケ中に被災・もともと仙台の出身)が
「悲惨な現場の映像は十分にみんな見てくれてると思います。
もう、現地の方々も 悲惨な映像は見たくないんですよ。
それよりも、アニメとか笑いとかリラックス出来るような番組を流して欲しいです。
避難所の方々も、不安でストレスが溜まって、これがいつまでも続いてたら
おかしくなります。今、現地の方々に必要なのは、癒しなんです。」

という内容の発言をしていたそうです。

Sanae 11-03-15 (火) 8:37

おはようございます。こちらの情報にリンクさせていただきました。
(http://dolcevita-sana.blogspot.com/2011/03/blog-post_513.html)
わが家でもペットボトルの保冷をさっそく試すことにしました。
ありがとうございます!

tomo 11-03-15 (火) 2:02

KYOさん、とっても有意義な記事をありがとう。災害の後すぐにKYOさんの記事を思い出して読み直していました。千葉にも警報が出ていたのでお母さまの安否が気になっていましたが、ご無事で何よりでした。娘がたまたま新宿にいて経験したことの無い震度5を経験し、その後交通機関の麻痺と大混雑の中、6時間歩いて友達のうちにたどり着いたそうです。地震発生後すぐには連絡が取れなかったので、遠く離れている私は無事でありますようにと祈るばかりでした。
まだ都内にいて、停電にもなる予定なのでしっかり教えておきました。
今は原発の事故がどうかこれ以上続きませんようにと祈るばかりです。
そして、必要なものが必要としている方々へちゃんと届きますように。

Sanae 11-03-14 (月) 23:25

こんばんは。TAMAさんのところからこちらにお邪魔しました。とても心強い情報をありがとうございます。神奈川県在住者です。今日は計画停電もだいぶ予定より縮小した形で行なわれましたが、明日も一応予定されているとのことで、もしかしたらこちらに私もリンクさせていただくかもしれません。よろしくお願いいたします。笑顔を忘れずにと書いてくださってありがとうございます。私も同じ気持ちなのですが、本当に書いてくださっている通りで、ニュースを見ていると心が折れそうになってしまいます。気持ちを持ち上げなければ・・・。昼間はFM横浜を外に出て聴いています。ラジオは映像のない分、大切なニュースはもちろん流しますが、励みになる元気の出る音楽などを流してくれるので、そういったものがもっと活用されると良いなと思います。(実際は、集合住宅では家の中でなかなかラジオが受信できず、この春にラジオコンテンツのネット配信などについてNHKでは予定されていたようなのですが・・・。せめて被災地に、心が少しでも安らぐものが届くと良いなと思います。)どうもありがとうございました!

ちろこ 11-03-14 (月) 18:35

KYO様、始めまして。合衆国の片隅TAMAさんのところから飛んできました、ちろこです。私は岩手県の内陸部に在住しており今回の地震に遭いました。力強いメッセージをありがとうございます。「あえて笑顔でいましょう!」と言うお言葉にとってもエナジーを注入されました。東北の人間は純朴で言葉が少なく我慢強い人種なので、内なる思いを表面に出したり、笑うのが得意じゃないんですが・・・こんな時こそ皆で頑張って笑おう~。
停電中は手巻き充電式ラジオで過ごしていました。最初はワンセグ携帯電話でテレビを見ていたのですがバッテリーが激減してしまうのですぐに止めました。バッテリーは離れた家族との連絡用に確保しておく必要があったからです。それと私はスロークックにTHERMOSと言う保温鍋を使用しています。具材を入れてから3~5分だけ沸騰させてTHERMOSに入れて時間を置けば具材は柔らかくなってるんです。パスタ用とかもありますよ。便利情報とパワーをありがとうございます。

デイジュ 11-03-14 (月) 17:30

昨晩、娘達の住む地域が停電になる事を知り、早速ペットボトルで氷を作りましたよ。
都会では乾電池が売り切れて無いとのことで、近くのホームセンターに買いに行ったのですが、一人で100コも買っていかれる方がいて、やっと8個買う事が出来ました。

づみ 11-03-14 (月) 15:19

役立つ情報、ありがとうございまいます
午前中の停電は見送られましたが、夕方がどうなるか

こっちは津波の影響を受けました。
1キロくらい上がってきて、数棟倒壊したそうです
また床上浸水のところもあり
うちは8キロも離れているので問題なかったですが。

義妹たち家族は非難してきました

お母様のところで津波の被害が発生しなくてよかったですよね
大丈夫!が一番危ないですもの

たいゆう 11-03-14 (月) 14:32

地震以来、主人はラジオを持って就寝しています。これはKYOさまの記事のお陰です。あの時にラジオも購入しました。今日、ツナ缶を買う事にします。

日本にいても、ただただこれからは何も起きません様にと祈るだけです、私。

合衆国の片隅で 11-03-14 (月) 14:24

停電時に備えて


何も役に立つことができない、ただネットやテレビにかじりついて、いてもたってもいられないいらだちを自分にぶつけるだけ。

こんな私と違って、やはりブリスベンのあの方が、とて…

トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://brisbane.gday.jp/australia/%e5%81%9c%e9%9b%bb%e6%99%82%e3%81%ae%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%aa%e3%81%a9/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
停電時の対策など from ブリスベン暮らし。
trackback from 合衆国の片隅で 11-03-14 (月) 14:24

停電時に備えて


何も役に立つことができない、ただネットやテレビにかじりついて、いてもたってもいられないいらだちを自分にぶつけるだけ。

こんな私と違って、やはりブリスベンのあの方が、とて…

Home > 3. ブリスベンでの暮らし > 停電時の対策など

検索
フィード
メタ情報

Return to page top