Home > 2. ブリスベン暮らし過去ログ | おうちのリフォーム | 事件です! > 屋根が吹き飛ばされてからEKKAのチケットを買うまでの話

屋根が吹き飛ばされてからEKKAのチケットを買うまでの話

この記事は、旧ブログから移動し、一部改変したものです。
コメント欄は閉じています。


このところ雨ばかりでじめじめのブリスベンでしたが、今日は午後から快晴となり、気持ちのよい天気です。
春もどんどん近づいてきたという感じで、来週からは、いよいよブリスベンの春の風物詩EKKAも始まります(^^)

・・・と、いうわけでRACQでEKKAの割引チケットを買ってきましたが、昨年最後にアップしたブログに、こんな画像を載せたのを覚えておられるでしょうか?
屋根が吹き飛ばされたところ

トイレを掃除しなかった祟りで発生?した、「屋根吹き飛ばされ事件」の写真です。

おさらい:「屋根吹き飛ばされ事件」については下記を参照してください(T_T)。

http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/1131.html

その後、修理に保険が利くかどうかで大揉めに揉めて例によって例によりなかなか解決せず、一応の解決をみた後はあまりにもウンザリしたのでネタにする気にもならなかったのですが顛末をメモっておきます。


当時我が家は老朽化したベランダを全面的に修復してもらっていましたが、ベランダの真上の屋根は予算の関係で以前のものをそのまま使う予定でした。
ベランダを修復している間はベランダの上の屋根は支えが無く仮止め状態になっており、もちろん「仮止め」でも通常は問題は起こらないはずなんですが、激しいストームに拠る突然の突風で飛んでいってしまいました(T_T)


幸い怪我人も無く壊れたのはベランダの上の屋根と屋根の直撃を受けたテレビアンテナだけで、修理に関しても保険に入っているので大丈夫、と、思っていました。
家の購入時に、銀行から家財保険みたいなものに半自動的に入れられていて、特に不満も無かったので銀行に薦められるまま変更もせずそのまま入っていたんです。
屋根が飛ばされたとき、最初に連絡してチェックに来てもらったのがこの保険会社です。

ところが、

「ベランダを修理していた」

というところが大問題になりました。
「普段と異なる状態で起こった出来事については補償しかねる」
というのです。
今回の場合は、申請を行っても「修理を行っていなければ屋根は吹き飛んでないと判断されて保険金は支払われない可能性が高い」のだそうです。


実は、ベランダの修理を行う前に、私たちはビルダー(大工)さん経由でも別の保険の契約をしていました。
それは、工事途中に何か問題が起こった時に補償してくれるというものです。
家財保険で補償してくれないならこっちの保険に申請できるか?と思いきや、


・・・吹き飛んだ「屋根」については私たちは工事を依頼していなかったので、この保険では対象外なんだそうです・・・orz


二つも保険に入っているので安心!と思いきや双方ダメだというこの状況(T_T)とほほ!
いったいどうしたらいいのしくしくしく、と泣いているうちにベランダの工事は終わってしまい、せっかく新しくしたフロアがどんどん日焼けしていきました(/_;)

その間にわかったことは、「私たちが家を購入するときに半自動的に契約していた家財保険」の保険会社と、ビルダーさんが契約している保険会社は同じ会社!ということでした。

もう、もう、ハラワタが煮えくり返り、

「こんな保険会社との契約は止めてやる!次回は更新しない!!」

と決めました。


で、


家財保険もRACQの保険がいいらしい!
と聞いて、保険の乗り換えに関して相談に行ったんです。

「RACQ」とは「ロイヤル オートモービル クラブ オブ クイーンズランド(Royal Automobile Club of Queensland)」の略、というところからもわかるように、もともとは日本で言うJAFのようなロードサービス屋さんですが、現在では車の保険を含めたあちこちの分野の保険を手がけており、ブリスベンに引っ越してきた当初から我が家もいろいろとお世話になっています。


ところが、


いざ見積もりを取ってもらうと、今現在私たちが入っている保険は、かなりお値打ち価格であることがわかりました。
RACQの保険に乗り換えると、かなりの支払い増になってしまうんです・・・


迷った結果、結局乗り換え計画は中止し、会員は割引価格で帰るEKKAのチケットだけ購入して帰りましたとさ。
ちゃんちゃん。
・・・って、保険料がいくら安くても、必要になったときに払ってもらえなかったら全然意味が無いんですけども、喉元過ぎれば熱さ忘れるというか、とりあえずのお金にしか気が回らない私たちです(~_~;)


ちなみに今回の事件で知ったのは、「改築を行う前には、加入している保険会社に事前にその内容を知らせておく必要がある」ということでした。
今回の場合も、事故が起こる前に工事内容を知らせておけば、もめずにスムースに保険が降りる確率が高くなっていたそうです(「絶対にすぐに支払われる」とは言わないところがアレですが…)


もうひとつちなみに吹き飛ばされた屋根の修理ですが、あまりにも解決しないのでビルダー(大工)さんが気の毒がって、結局「我が家で材料費を払い、建築は大工さんが無料で行う」ということで落ち着きました。
私たちの加入している家財保険は、もし保険がおりたとしてもエクセス(控除免責金額)が1000ドルだったので、ほぼそれと同じ料金で修理してもらえて、私たちとしては納得でした。

・・・というのも、今回お願いしたビルダー(大工)さんは「日本人」だったんです。
オージーのビルダーだったら、もしかしたら未だに解決していなかったかも・・・と思うと、保険会社を選ぶよりもまずはビルダーさんを選ぶ方が大事だよなぁ。と、思うワタクシでした(T-T)


●メモ1:
RACQのEKKA10%割引チケットの購入は、8月4日までですよー。
詳細と購入ははこちらから。↓
Ekka 2010 – Discount Ekka tickets

・・・いやしかし、去年までは「15%引き」だったのに、日を追うごとに世知辛くなってきたブリスベンで、「RACQ、お前もか!」と、ちょっと寂しいです(T_T)


●メモ2:昨年のEkkaについての過去記事

2009/8/7
「Ekka @ Brisbane」

http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/1094.html

2009/8/11
「EKKA_2009 前編」

http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/1095.html

2009/8/14
「EKKA_2009 後編」

http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/1096.html


以下は、旧ブログでいただいたコメントと、そのお返事です。

—————–
投稿者:KYO
2010/8/6 11:32
▼たいゆうさん、
そうか~、やっぱり「全然安心できない」のが保険なんですかね?(涙)
一度も申請したことがないので、今回のケースが特別だったのかそれともどこでもいつもこんななのかが全く判断つきませんでした…

—————–
投稿者:KYO
2010/8/6 11:31
▼づみさん、

ブログの記事にするためにまとめながら、
「文句ばっかり書いたけど、もしかして日本でも同様のことが起こったら私たちの落ち度になるのかな?」
って考えてました・・・
やっぱり「海外」だからこんな目に遭うんでしょうか?<日本だったら、ここまで揉めないんですかね?(T_T)

—————–
投稿者:KYO
2010/8/6 11:30
▼Rooさん、

えーとですね、日本にいらしているようなオージーの人たちは、みんな平均的オージーよりもきっちりした人たちですよきっと!(^^)!
仕事の関係で日本語が上手なオージーにたくさん出会いましたが、どの人もどの人も内面はかなり日本人っぽかったですよ。
興味があるとか惹かれるということは、共感する何かを持っているということなのかも?

だから、日本にいらっしゃるオージーは、お仕事でかかわってもきっと皆さん良い方ですよ(^^)

—————–
投稿者:KYO
2010/8/6 11:27
▼こーでねーとさん、

誕生日のお祝いのお言葉ありがとうございます(^^)

保険は、幸いなことに今まで申請したことが一度も無かったんです…
でも申請しようとしたら文句を言われるなんて(T_T)ガッカリでした。

—————–
投稿者:KYO
2010/8/6 11:26
▼バラカさん、

EKKAが終わると、今度はジャカランダの季節ですよ~
EKKAも楽しみですが、ジャカランダもすごく楽しみです。早く夏が来ないかな~。

保険ですがここまであれこれ言われるとは思いませんでした(><)
いざというとき頼りにならないなら、何のための保険なのよ!とガッカリでした。

-----------------
投稿者:バラカ
2010/8/2 17:37
こんにちは。
今年もEKKAのシーズンがきたんですね。
今年は、どんなものが見れるかEKKA2010の記事が楽しみです。

屋根の記事、よく覚えています。
長い間大変でしたね。
ほんと、保険会社というのは、後からになって細かい条件を出してきますよね。

-----------------
投稿者:こーでねーと
2010/7/31 22:55
大変でしたね。
でも直ってよかった~。
保険は補償されたときにしか大切さが分からないとこーでも自分の体験から思います。
でも何も保障されないなら、そのとき払ったほうがいいんじゃないか?って思っちゃいますよね。

↓かなり遅くなってしまいましたが、息子さんの17歳の誕生日おめでとうございます。

-----------------
投稿者:Roo
2010/7/31 22:26
大変だったんですね~。
でも日本人の大工さんでホント良かったですね~。

British Hillsでも、今回、オージーの先生が何人もいらして、皆良い人達で、人間的には良いと思うんですが、KYOさんのお話に触れるにつけ、お仕事で関わるにはどうなんだろう?って思ってしまいます。

まっ、オージーだけじゃないですけどね、信じられないのって(爆)

http://blue.ap.teacup.com/kiwi/

-----------------
投稿者:づみ
2010/7/31 19:59
治ったんですね

にしても保険ってきちんとやらないと貰えるものも貰えなくなりますよね

日本人の大工さんでよかったですね

つくづく海外で生活するのって大変だな~って思ってしまいます

-----------------
投稿者:たいゆう
2010/7/30 16:08
保険ってどこも複雑で、少しの落ち度で支払い不可って保険の意味が無いというか、全然安心できませんよね~~。

ブリスベンでの、関連するかもしれない話

ばかでかいキュウリと子どものごはん, ありえない話ヾ(*`Д´*)ノ彡☆ Part2, KOKO BLACK CHOCOLATEと、母の日でしたね。, ロングリーチ駅, ホットクロスバンと七草がゆ(もどき), ウィントンのひみつ, ギネス世界記録に認定されました!, ジェットスターの機内持ち込み荷物と成田空港に郵便局から荷物を送った話。, ポケットモンスター「ブラック」と「ホワイト」, ガッカリ誕生日, The Australian Stockman’s Hall of Fame and Outback Heritage Centre, 最後のJAL直行便(;_;)と、ポケットモンスター・ブラックとホワイト, ブリスベン市から警告が来ました。, 詐欺電話と、電話回線がイカれた話, アメリカなケーキ。

Home > 2. ブリスベン暮らし過去ログ | おうちのリフォーム | 事件です! > 屋根が吹き飛ばされてからEKKAのチケットを買うまでの話

検索
フィード
メタ情報

Return to page top