Home > 日本紀行(もどき) > 仙台紀行(もどき)とおやびんさんに会いに行ったお話

仙台紀行(もどき)とおやびんさんに会いに行ったお話

さて、今年6月の東北を巡る旅の締めくくりは、
づみさん独り占め】
の仙台日帰り小旅行でした~。
仙台からちょっと離れたとある町には、とっても会いたい人がいました。
妊娠中に大震災に遭われて、長い間停電と断水が続く中で、お仕事まで続けながらおなかの中の赤ちゃんを守り通したおやびんさん(http://happy.ap.teacup.com/oyabin/)です。

実は、東北に行きたいと思い立ったときにおやびんさんにもご連絡申し上げたのですが、その時はまだ復旧の目途も経っていない頃だったこともあり、私が一緒に連れて行く予定だった娘を心配してくださって、断られてしまいました。
おやびんさんのお気持ちは痛いほどわかったので、残念ですがあきらめました。


・・・・・のつもりだったのですが、そのちょっと後にづみさんから「おやびんさんの赤ちゃんが産まれたら仙台に行きませんか」と打診のメールをいただきました。
おやびんさんがご出産されて、入院しているうちなら会いに行ってもご迷惑はかからないだろうという算段です。
うわー、やっぱりおやびんさんに会いに行きたいなぁ、と迷い始めた直後にJRから「新幹線も乗れて指定席も二回まで取れて1万円で一日乗り放題のチケット」なるものが発売決定となり、「これはもしかして、神様が【行きなさい】と言っているのかも…!」という気持ちになってきました。
そしてその後、すべてのタイミングがぴったりな時期におやびんさんの赤ちゃんは生まれ、会いに行けることになりました!


その日は乗り放題パスが使える初日で、震災後3ヶ月の節目でもあったので、東北に向かう新幹線はとても混んでいて指定席は取れませんでした。
・・・にもかかわらず、本当に不思議な偶然が重なり、大混雑の新幹線の中でづみさんと並んで座って仙台へ行くことが出来ました。

その2週間前に新幹線で福島と岩手を往復したので、仙台駅は合計4回通り過ぎていました。
最初に通ったときには駅はまだ修復中でしたが、震災3ヵ月後の時点には工事はほとんど終了しており、目をよく凝らさないと大地震に遭ったことなどわからないような活気にあふれていました。

ところが、

ローカル線に乗り換えて車窓から見えた景色は、日常のあちこちに非日常が紛れ込んでいて、心臓がドキドキしました。
目的の町へ降りると、道路のアスファルトはあちこちでゆがみ、石畳のタイルも割れたり外れたり、ボコボコになっていたんです。
そのことに私が驚いていたら、づみさんが、づみさんの住む町の道路もこんな感じだとさらりとおっしゃったので、二重にショックでした。
づみさんの住む町を含む千葉の一部の地域が今回の震災で発生した津波の被害を受けた被災地だということは知識では知っているつもりでしたが、それは「知っている」という状態ではなかったのだと感じました。

おやびんさんが住む町は、それまでテレビなどで度々見ていた「根こそぎ町が無くなる」という状態では無いんです。
ぱっと見は一見何事も無かったような、普通の街並に見えるんです。
でも、よくよく見ると、ところどころの家が、一階部分がひしゃげてつぶれていたり、軒下に唐突に海から流れてきたと思しき大きなコンテナが挟まっていたり、表から見ると普通に建っているアパートなのに裏に回ると大きくえぐれて部屋が丸見えになっていたりしていました。
とても不思議なことには、大きく潰れた家のお隣が、まったく無傷だったりもしていました。

そんな景色を眺めながら、おなかの赤ちゃんを守り通したおやびんさんの偉大さを改めて感じました。
ごくごく普通の妊娠出産でさえいろいろと不安になるというのに、こんな状況で頑張った、そして今も頑張っている、おやびんさんを含むすべてのお母さんを尊敬します。


それにしても久しぶりにお会いするおやびんさんは、相変わらず元気いっぱいで大輪のひまわりのようでした。
初めての赤ちゃんを出産された直後とはとても思えないような、肝っ玉お母さんでした。
つらいことや大変なことは顔には出さず、いつも笑顔のおやびんさんとそのご家族に元気付けられた旅でした。
おやびんさん、ご家族の皆様、ありがとうございました!

・・・で、

この日のおやびんさんとのあれこれは、づみさんのブログ「旬菜里~千葉の山武(旧成東)の名物通販店~」でお楽しみ下さい~。
http://sky.ap.teacup.com/idumi3/132.html

おやびんさんだけでなく、おやびんさんのだんな様やお母様とそのご伴侶にもお会いすることが出来て大変楽しい時間を過ごしましたが、あっという間に時間が過ぎてしまい、産院から駅に向かって電車に飛び乗るまでが猛ダッシュで、日ごろ運動を一切していない私はものすごく息切れしてしまい、づみさんにはご迷惑をおかけしてしまいました~(T_T)ごめんなさーい。


さて、

この日はおしゃべりに夢中だったせいでほとんど写真を撮っていませんでした。
後からカメラを見たら、食べ物ばっかり写っていました(笑)
せっかくなので、以下、載せておきます。


唯一食べ物関連ではない写真。
石巻行きのロボコン号
宮城ゆかりの漫画家、石ノ森章太郎の絵が描かれた仙石線のローカル電車。
私と同世代の人にはめちゃくちゃ懐かしい、「ロボコン」ですー。
これ以外にもいろいろ走っているそうで、私は009の電車も見ました(が、写真撮るの忘れました。てへ)


昼食をいただいた、仁王寿司というお寿司屋さん。
塩釜・仁王寿司
「写真撮ってもいいですか?」と聞いたら快くOKしてくださいましたが板前さんが気を利かせてしゃがんでしまいました。
握ってるところを写したかったんですが・・・(笑)

づみさんの召し上がった特上寿司。
特上寿司


最後まで迷いに迷って私が注文したいろいろ楽しめるセット。
寿司セット
絹のプロテイン入り「シルク麺」付き~。
おいしかったです!(^^)!


そして帰りの電車でいただいた、「宮城まるごと弁当」。
宮城まるごと弁当

本当は牛タンを食べたかったのですが、お店が混んでいたのと帰りの電車に間に合わなくなってしまいそうだったのとで断念して駅弁となりました。
このお弁当はお弁当で、とっても美味しかったです!
お品書きの写真も撮ってあった(笑)ので、せっかくなので下記に載せます。

宮城まるごと弁当 おしながき
- 白身魚の香味揚チンゲン菜添え
- 牛肉コロッケ
- 県産豚肉の仙台味噌焼きと季節の地場野菜
- 牛肉とエリンギの甘辛炒め
- 県北産みちのく鶏の照焼きと県産卵の玉子焼き
- 三陸産さんまの竜田揚げ
- 仙台名産笹かまぼこと長茄子漬
- 仙台駄菓子と季節の果物
- 宮城産ひとめぼれと梅干し
- 宮城名産はらこめし
- 宮城県産ひとめぼれ雑穀米入り
- 宮城産ひとめぼれ季節のご飯



誘ってくださったづみさん、ありがとうございました~
づみさんとは帰国のたびにお会いしているのですが、づみさんと【だけ】ずっとおしゃべりし続けたのはこれが始めてで、うれしかったです!(^^)!

今回は日帰りでしたが、次回は松島を再訪して、牡蠣が食べたいです~
前回行けないまま被災してしまった石ノ森萬画館にもぜひ行きたいです。

産まれてきた赤ちゃんの成長とともに、ぐんぐんと街が復興していきますように。
早く余震がおさまりますように。
心からの笑顔で再会できる日を、楽しみにしています。

ブリスベンでの、関連するかもしれない話

ブリスベンdeチャリティバザー:お礼と結果のご報告。, ジャカランダ, 太陽発電と、日本帰りのワタクシ, ポケットモンスター「ブラック」と「ホワイト」, 成田空港de風呂に入る。, チャリティ・バザーのお知らせ@ブリスベン, ロングリーチ駅, ピー味噌の野望, 鹿児島・指宿・駆け足旅行記, 花巻と中尊寺金色堂, 花巻と宮沢賢治とナッツさん, Pray from Brisbane(仮称), ブリスベンの洪水-1, ばかでかいキュウリと子どものごはん, ホットクロスバンと七草がゆ(もどき)

コメント:14

コメントフォーム
Remember personal info

KYO 11-08-30 (火) 9:07

▼おやびんさん、

いえいえこちらこそ、本当にありがとうございました!(^^)!

シルク麺って、宮城では有名なのかと思ってました〜
づみさんはご存知で、以前にも召し上がったことがあるとおっしゃってましたよ〜!

娘ちゃんの成長日記、今後も楽しみにしています。
牛タン屋さんもですが、次回はおやびんさんお勧めのお寿司屋さんに、ご一緒できるといいなー(*^^*)

KYO 11-08-30 (火) 9:03

▼Risaさん、

わーいいらっしゃいませ〜ヽ(^o^)丿
こちらへの初コメありがとうございますっ!ウレシイですっっっ!

仙台にお住まいだったんですかー、いいところですよね!
実は私、曽祖父が仙台出身なので遠い親戚が今も仙台に住んでいます。
法事のときくらいしか会わない遠い親戚ですが、、、
復興を祈ってます。

KYO 11-08-30 (火) 9:00

▼黒山羊さん、

そうですか、現場、流されちゃいましたか・・・
みなさんご無事だったのかなー
早く復興が進むといいですね。

KYO 11-08-30 (火) 8:58

▼づみさん、

一緒に旅行、いいですねー!
いつか実現させたいですね!!

寿司にはうるさいづみさんが「美味しい」とおっしゃるのだからきっとすごく美味しいんだろうと思っていただきました(笑)
私はもう、日本に行くと何でもかんでも(コンビニの弁当とかですら)美しく美味しく感じてしまっています^^;

KYO 11-08-30 (火) 8:56

▼Rooさん、

「す」と最初の文字を見かけた瞬間に、あっ、Rooさんだー(^0^)ってわかりました!(笑)

そうなんです、本当に「行きなさい」って言われているような偶然が重なりましたー
会いにいけてよかったです!

KYO 11-08-30 (火) 8:54

▼たいゆうさん、

えええっ、歩き始めの赤ちゃんもかわいいじゃないですか〜(*^^*)
最近ふとした拍子に息子と娘がいつのまにかデカくなってしまっていることに改めて驚いたりしています・・・

たいゆうさん、サイボーグ009のファンでしたか!
お若いのに、シブいですねー。
長男くんもハマるとは、時代をこえた名作ですね・・・

KYO 11-08-30 (火) 8:50

▼ひまわりさん、

いえいえ日本に行ったのは、もうかれこれ3ヶ月も前のことでした^^;

息子さん、楽しまれたようで何よりでした!
EKKAですが日本から来たと思しき少年少女たちにたくさんすれ違いましたよ。
もしかするとあの中にひまわりさんの息子さんもいたかも?!
次回は息子さんだけでなく、ひまわりさんもブリスベンにいらしてください(^_-)

ひまわり 11-08-23 (火) 21:23

KYOさま

お久しぶりです。
息子がホームステイに行く際には、色々と教えていただき、ありがとうございました。
本当に助かりました。

無事に日程を終えて帰ってきました。
滞在中、快晴ばかりで、1度も傘も使わず、過ごせたそうです。
KYOさんも日本に来られていたのですね。
日本は35℃という暑さの日々でしたので、うらやましい限りです。

服装も持って行ったもので事足りたようで、洗濯も2度していただけました。
ホストファミリーの方も大変親切な方で、恵まれていました☆
本当に素敵なホストファミリーの方にあたって、大変すばらしい研修になりました。

お土産にティムタム、買ってきました! おいしいですね♪
両替も、ゴールドコーストで、出来たそうです。

土日の自由時間に、友達はEKKAに行ったそうです。
息子はクルージングをしたり、映画に行ったそうで、いい経験をさせていただきました。

ホームシックにもならず、もっと滞在していたかったそうで、また来年も行きたい!と申しております。
ブリスベン、いい所なのですね♪
私もぜひ行ってみたいです。
でも、息子は英語、どうしていたのでしょう?
無事に話せていたのか・・・(^^;)

これからも、いつの日か行けることを夢みて、ブログを読ませていただきます(*^_^*)
本当に素敵なブリスベン暮らしですね。
どうぞお身体、ご自愛くださいませ。

たいゆう 11-08-23 (火) 15:20

生まれたての赤ちゃんって可愛いですよねー。

我が家の長女は9ヶ月で歩いてしまい、もうあんまり可愛くありません。


「サイボーグ009」の漫画は全巻持ってマス。長男が今じっくり読んでいます。
でも時代背景の理解が長男の年代的に難しいような気がします。

Roo 11-08-22 (月) 23:59

すみません、また途中で送信になってましいました。
お手数ですが「す」のやつ消して頂けますか?

それにしても、そんなに混んでた車内でづみさんとお隣で
行けたとはビックリですね。
やっぱり「行きなさい」って事だったんでしょうね。

お寿司もお弁当もおいしそう!

づみ 11-08-22 (月) 23:07

トラックバックありがとうございました。

本当にめちゃくちゃタイミングがよくて、まるで導かれていくようにとんとんとスケジュールができて
もしかなうなら今度は一緒に旅行に行きたいです

千葉は液状化現状による歪みが大半ですね
まだまだマンションの修復も終わらないし

にしてもコンテナが家の中に入り込んでいた光景はびっくりでした
まだわたしは地元の海側には足を運んでないのでどんな状態なのかはわからないのですが

お寿司、美味しかったですよね〜。
被災地で美味しいお寿司を食べれてたことは大変嬉しく感じました

本当におやびんさんの赤ちゃんの成長とともに復興が1日でも早く終わること祈りたいです

こちらこそご一緒してくださってありがとうございました

虹のパパ黒山羊 11-08-22 (月) 20:44

3年前に七ヶ浜町の現場に入ったときに、入稿教育の開口一番『ウーってサイレンが鳴ったら
すぐにこのラジオ体操をやった広場に集合です。何をやっていても、すぐに止めてくださいね』
と言われたのでした。サイレンは津波警報の事でした。

ちなみに現場はきれいサッパリ流されました。今 全く同じ品物を再作成しています。
私が転勤してしまったので、復興工事に行くことが出来ないのが残念です。

Risa 11-08-22 (月) 19:37

仙台はいいところです!私の第二の故郷でもあります(*^o^*)実はまだ震災後宮城に行ってません…早くいきたくなりました!おいしいものを召し上がられたようでよかったですね☆

おやびん 11-08-22 (月) 17:30

その節は、ありがとうございました~
病室のドアをコンコンとノックした後にお二人が現れてめちゃくちゃビックリしました!!笑

塩釜はお寿司屋さんがいっぱいあるのですが、仁王寿司さんは行った事が無いですf^^;
が、美味しそうですね♪♪
シルク麺って初めて聞きました~

駅弁と缶ビールの写真・・・なんか懐かしい気がします~笑
新幹線に乗ったらおつまみ&ビールですよね♪♪

娘が黄疸の治療中だったのでちらっとしかご対面できずに
申し訳ありませんでしたが、おかげで私はゆっくりお話できたなぁ~
と後から思ったりしました(笑)

是非、また、牛タンを食べにいらして下さいね
今度は親子でお出迎えしますので♪♪

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://brisbane.gday.jp/australia/%e4%bb%99%e5%8f%b0%e7%b4%80%e8%a1%8c%ef%bc%88%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d%ef%bc%89/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
仙台紀行(もどき)とおやびんさんに会いに行ったお話 from ブリスベン暮らし。

Home > 日本紀行(もどき) > 仙台紀行(もどき)とおやびんさんに会いに行ったお話

検索
フィード
メタ情報

Return to page top