Home > 長野暮らし。 > 長野のゲストハウス

長野のゲストハウス

———————
(2013年11月更新)
賃貸ペンションの経営者を募集していましたが、無事借り手様が見つかり、契約が成立しました!ご協力ありがとうございました!

以下は、昨年2012年09月30日に、物件購入時に投稿したブログ本文です
———————



と、言うわけで、タイトルどおり長野の車山高原にペンション購入しました~(*^_^*)
ええっ、なにそれ、じゃあ長野に引っ越すの?
「ブリスベン暮らし。」は終了して、次は「車山高原暮らし。」?!

・・・ということはとりあえず無くて、購入した物件は、それまで経営していた方に引き続き経営していただくことになっています。
と、いうか、経営を引き受けてくださる約束をしてくださったので、購入を決めました!


何で突然そういうことになったのか?
というと、そもそもは去年の大震災でした。
それまでも(もちろんこの先も)日本は私の祖国ですが、去年までは、【日本】を意識したことはほとんどありませんでした。
でも、震災をきっかけに、あれこれと考えることが多くなり…

ブリスベンは、大好きです。
でも、一生ここに住むかどうかは正直わかりません。
いろいろあって、娘が高校を卒業する頃になったら一度日本に戻ろうかな~とぼんやり考え始めたそのタイミングで、合衆国の片隅にお住いのあの方から、

「実はこういう話があって、心が揺れ動いてるんだけど…」

と、長野のその物件が売りに出されていることを耳にしました。


・・・で、


そこから先の日々は、もしも小説だったとしたら

「なにそれそんな御都合主義な展開、いくら小説でもありえないし!」

と鼻で笑われること間違いなしの出来事が続いたんです。
何か大きな力に導かれて、、、とか書くと、ちょっとオカルトチックでしょうか?
でも本当に、とっても不思議で素敵な【偶然】が次々と重なりました。
実は今もその展開は続行中で、行く先はきっとこう続くんだろう…という予感もあるのですが、現時点では文章にすると崩れてしまいそうなくらい儚いので、何が起こったかは内緒にします(*^_^*)。


と、いうおとぎ話とはまた別に、


何しろ「日本の不動産を手に入れる」なんて体験は初めてなので、結構いろいろ大変でしたorz

手続きの手始めは、ブリスベン総領事館でした。
ブリスベンの住所で登記を行ったのですが、国外に住む私には、日本での手続きに必要な「実印」がありません。
日本に住所が無いため、実印の登録も出来ません。
ではどうするか?というと、まず何はともあれ総領事館に行って「確かにブリスベンに住んでます、この署名も本人のものです」という証明をもらってくるんです。
領事館の人は手馴れたもので、窓口では

「ではこの申込用紙に必要事項を書き込んでください。書き方の見本はこれです~」

とすぐに用紙を手渡されたのですが、実は【申込用紙】はそのまま【証明書類】になるんです。
領事館は、私が書き込んだ申込用紙に「確かに本人が書きました」という証明番号を書き込み、原本はそのまま保存してコピーを渡してくれる【だけ】なんです。

そんなこととは露知らず、私は【申込用紙】というからにはそれを元にタイプかなんかで書類を作成してくれてそれに署名するんだとばっかり思っていたので気が抜けたままテキトーに記入してしまい、それが半永久的に公的書類として残ることになってしまいました・・・結構ショックですorz


そしてその書類は、国外在住でも「日本語で」現在住んでいる住所を書かないとならないんです。
なぜかと言うと、日本の登記書類は「全て日本語で」記録されるからなんですって。
「オーストラリア連邦クイーンズランド州ブリスベン市」までは領事館が見本で指定してくれてあるのですが、地域名とかストリート名とかは自分で考えて書かねばなりません。
私が住んでいる地域はカタカナで表すにはちょっと微妙な音が入っているので悩みましたが適当に書きました(が、家に戻った後、オットにも子どもにも「その表記、なんか違うんじゃね?」と指摘されました…)

で、

悲劇?は日本での登記当日に起こりました。
領事館で発行してもらった証明書はあらかじめ日本に郵送してあり、私は書類の説明を受けてサインするだけになっているハズでした。
ところが、領事館で気を抜いて書いた私の文字があまりにも悪筆で読み取れなかったらしく、作成していただいた書類には、「イーンズランド州」が「イーンズランド州」と書かれていました・・・orz


でも、ハプニングはそれくらいで、不動産屋さんの取引主任さんが有能だったおかげで全て滞りなく終わりましたーヽ(^o^)丿
実印が必要な箇所には苗字を書いて丸で囲むという「本当にコレでいいの^^;?」という手続きでしたが、書いて書いて書いて書いて書いて何枚書けば終わるのはぁはぁはぁ、というくらい書きまくってきましたよーーー!



と、喜んだのも束の間、


その直後から今度は税金関連で苦しむことになりましたorz
何を苦しんだか?というと、納税通知の受け取り方法と支払い方法についてです。
税金分はもちろんちゃんと用意してあるんです(大いばり)。
でも、日本は国外に住んでいる人からは、すんなり受け取ってくれないんです。
もちろん、「払わなくてOK」ってことじゃないですよ。
払わなくちゃならないんですけど、その方法がめっちゃ面倒なんです。
【還付】じゃないですよ、【納税】ですよ?
【納税方法】にハードルつけてあるのって、変じゃないですか(怒)???

この件については、今は間に立ってくださる方が無事決まって一応解決したんですけど、脱力したりナットク行かないことがわんさかありました。
遠く恋しく感じていた日本が再び身近になってみると、「あーそうだった、日本ってこうだったっけ…」と思い出して暗い気分になったりもしました。
例えるなら、幼馴染にいつの間にか熱烈な恋をしてしまい、その相手をこっそり目で追ってたら鼻クソをほっているのを目撃してしまったときのようなキモチです(いやそんな体験は無いですけど)。
でも、鼻クソ程度では日本を嫌いにはなりません。
それに当局に目をつけられるのもイヤなので、これ以上深くは書きませんw
でもこの先あまりにも理不尽なことが続いて堪忍袋の緒が切れたら、そのときはブログネタで公にするかもしれませんwww


てなことはさておき、「車山高原のペンション」です。
来週10月6日から、オーストラリアではおなじみの「B&B(ベッド・アンド・ブレックファスト=朝食付き宿)」として新装開店します!
高原なので夏は涼しく、冬はゲレンデスキーもクロスカントリーも楽しめる場所です。

これから先の数年間は、私は【見習い】として現経営者の方に教えを乞うことになっています(*^_^*)
この先どうなっていくのかな?とワクワクo(^o^)o です。

とりあえず私は英語のページの作成を行い、今週アップしました~。
英語ページはまだホントにまだ「とりあえず」の段階で必要最小限の内容しか載ってないんですけど、皆さん、覗きにいらしてくださいねー。

ブリスベンでの、関連するかもしれない話

大学の学部を転部した話, 多文化的な一日, ギネス世界記録に認定されました!, 恐竜大パニック!, オイルランプの作り方とブリスベンのクリスマスツリー予告, スピリット・オブ・ジ・アウトバック, クイーンズランド州での車の運転にまつわるエトセトラ, 花巻と宮沢賢治とナッツさん, ロングリーチ, IKEAのキッチン, 屋根が吹き飛ばされてからEKKAのチケットを買うまでの話, 自己紹介, フォトブックを作ってみた, マシュー・フリンダースと、スクールリーダーその後, 犬の吼え癖を止めさせるには?

コメント:26

コメントフォーム
Remember personal info

****** 15-05-24 (日) 13:14
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 13-11-09 (土) 21:33
このコメントは管理者の承認待ちです
KYO 13-05-22 (水) 10:12

▼ちえちゃん、

「何年かぶり」に覗いてくれてありがとう(T-T)
連絡取れてうれしいよー、もう行方不明にならないでね(T_T)
「遊びに来てね」って、もちろん行くけどちえちゃんが遊びに来てよね。(笑)

中尾千枝子 13-05-14 (火) 21:34

きよ!何年ぶりかにここを覗いてみましたf(^^;
そしたらぁっっっ!!なんてこと?長野?車山高原は遠いけどなんかきよが少し近くに来てくれたようで、嬉しくなってコメントせずにゃ、いらんなぁーい(*^.^*)
実は家も中古だけど一戸建てをおやっさんが購入して私たちは居候(笑)長野に来たらすんごい遠回りだけど遊びに来てねq(^-^q)

KYO 13-01-11 (金) 7:58

▼Stellaさん、メールしましたよー
ご確認よろしくお願いします!(^^)!

****** 13-01-10 (木) 10:06
このコメントは管理者の承認待ちです
KYO 13-01-09 (水) 21:18

▼Stellaさん、お久しぶりのコメントありがとうございます!(^^)!

ペンションは、まだまだ全然わからないことだらけで…
私たちの場合は優秀な先生がいるので心強いですが、多くの方は先生ナシでスタートされるわけですよね。
皆さんすごいなぁ、とホント感動です。
今のところ経営には全く関わってはいないのですが、機会がありましたら遊びにいかれてくださいねー。

ところで、「ブリスベン暮らしについてご質問」とは・・・
もしかして、ブリスベンに引っ越していらっしゃるんですか(^^)?
メールですが、仕事用フォームメールにお送りいただくと私だけでなくあちこちに配送されてしまいますー
このブログの投稿欄(コメントフォーム)にメールアドレスを書く欄がありますので、そちらにアドレスを書いていただければこちらからメールしまーす(※メールアドレスを書いて投稿しても、ブログ上には表示されませんのでご安心を!いただいたメールは承認待ちに設定してありますので、コメント内容も非公開をご希望の場合はそう書いていただけば非公開のままにしておきます!)

・・・ただ、もうすぐ母が来るため現在とってもバタバタとしており、メールのお返事は遅れるかもしれません。
予めお詫びしておきますーm(__)m
あと、私に答えられるような内容だといいのですが…(いつまで経ってもブリスベンには全然詳しくありませんので。(T_T))

stella 13-01-09 (水) 11:10

KYOさん、とっっってもお久しぶりにコメントさせていただきます!
わ〜凄い!凄すぎます!!!KYOさんご夫婦はペンションオーナーになられたんですね〜!ペンションのホームページも拝見させて頂きましたが、とっても素敵なペンションですね。ロケーションも素晴らしい!!!私も以前からの夢でゆくゆくは小さなカフェもしくはB&Bを夫婦で経営してみたいな〜なんて思っている一人なので(夢のまた夢の話ですが。。。)、お話を伺っただけで本当に自分のことのように私までウキウキしてしまいます!!!本当に不思議なもので時の流れに身を任せていると自然に人生って、人と人の繋がりによって自分でも思っていた以上にエキサイティングで素晴らしいものになりますね。今回のペンションについてもKYOさんご夫婦のご人望の賜物だと思います!

さて、KYOさんに”ブリスベン暮らし”について質問させて頂きたい事がいくつかあるのですが、かなり長くなりそうだし個人的な内容になりそうなのでブログ上にのせるのは躊躇しています。KYOさんのビジネス(チュリンガ)のメールアドレスに送らせて頂いてもよろしいですか?それとも別の質問専用のメールアドレス等がKYOさんがお持ちであり、そちらの方がご都合がよろしければそちらに送らせて頂きたいのですが。どうすればよいでしょうか?

KYO 12-10-31 (水) 17:36

▼tomoさん、

ぜひぜひ、お待ちしてます!(^^)!
私も鳥取に伺いたいです。って、なかなか叶いませんが…(T_T)

長野は場所に拠っていいろいろですが、車山高原は冬は近くにスキー場があって「雪に閉ざされる」ということはありませんよ!(^^)!
九州もいろいろで、私も結婚するまでは「暑い」と思っていましたが、福岡は日本海側のせいなのか、冬は雪が降ったりして結構寒いんですよー(涙)

tomo 12-10-26 (金) 22:55

KYOさん!いつの間にかこんなことに・・・。
すご~~~~い!長野なんですね。
お伺いしたいです^-^
長野は10年位前に家族で行きました。
夏休みに言ったんですが、クーラーがないと聞いてびっくりしました。
でも、本当にクーラーなんて必要ありませんでした。
冬は雪に閉ざされるんですか?

先週九州に行ってきました。暑かったですよ。昼間は半そででもOKでした。
鳥取に帰ったら冬で凍えました(笑)

KYO 12-10-23 (火) 9:16

▼おやびんさん、

わーい、お久しぶりのコメントありがとうございます!(^^)!
確かにそちらからだとちょっと遠いですね。
でも、お待ちしてまーす(^0^)/

おやびん 12-10-20 (土) 14:33

ご無沙汰してます~~♪
ペンション購入ですか~~すごい!!!
長野って車で行こうと思うとちょっと距離がある感じがして
あまり訪れた事の無い土地なのですが
いつか夏に涼みに行ってみたいです♪♪

これから楽しみが増えていいですね~

KYO 12-10-08 (月) 7:06

▼無有さん、

そうなんですか>実話を元にした小説!!
私、オリジナルなストーリーかと思ってました。実話だったら不思議すぎです(って、きっと元の話があってもかなりの脚色がされているんでしょうね?笑)

宮古島は初日で終わりか!と思ったら、やっぱり今後もちょくちょく出てくる?のですね(^^)?
実際にあるホテルなのかー。
検索したらわかるかなー(←ハイ、ミーハーです!)

無有 12-10-06 (土) 17:06

朝ドラ、実話を元にした小説が下地になってるそうですよ。ホテルの名前もちょっとひねっただけらしい。(^◇^) スタッフさんもお偉いさんは東〇リゾートで、その他の方は当の〇〇〇泊まりとか。

KYO 12-10-02 (火) 9:24

▼Rooさん、ありがとうございます、お待ちしてまーす!(^^)!

そうですかー、お知り合いに自転車乗りがおられるんですねー。
私にはまったく未知の世界で、、、
TAMAさんちのお連れ合い様は泊りがけの何千キロというツーリングに行くような方なんですが、「軽い練習」で200km走ったりするんですって(@_@)
宿を経営してくださっている方も、茅野や諏訪まで普通に自転車で上り下りなさるんですよ。
ちょっと想像を絶する世界です…

Roo 12-10-02 (火) 1:16

すごいですね~。
うちはスキーに行っても大体軽井沢辺りなので
ここら辺は未踏の地です(^^;)

落ち着いたら是非伺ってみたいと思います。

私の知り合いも自転車屋さんで、定期的に
お客さん達とツーリングされてます。
その距離を聞いたらビックリしましたが、普通に
スポーツとして自転車に乗ってらっしゃる方には
大した事ない距離なんでしょうね。

KYO 12-10-01 (月) 12:46

▼づみさん、

経営者の方のがんばりで、あっという間に再オープンとなりましたよ!(^^)!
今後ともどうぞよろしくお願いします!

KYO 12-10-01 (月) 12:45

▼無有さん、

「種を蒔かないと」、無有さんが書くと説得力ある~<ありがとうございます(*^_^*)!
実は、オーストラリアと車山高原、場所は違えど多くの皆さんがほぼ同世代で同い年くらいの子どもを持ち、「同じ年の頃に今まで自分が住んでいたのとは違う場所に越してきた」という共通体験をお持ちなので話の進みが速かったんです。
宮古島に引っ越した無有さんにも、この感じはわかっていただけるかも?

ところで今朝、NHKの朝ドラで宮古島見ましたー!
何度観ても美しいところですねぇ。
でも舞台はあっという間に大阪に移るっぽい?
そのうちまた宮古に戻って宿の経営やりなおしてくれるのかな?
内容が内容だけに、興味津々です!

KYO 12-10-01 (月) 12:38

▼ゆめみるのらねこさん、わー、お久しぶりのコメントをありがとうございます!(^^)!

ワイーンズランド、おいしそうですよね(T-T)とほほー・・・

お金持ちみたいですか^^;?借金はこれから返すんですけどね^^;
あと、ブリスベンで家を買うよりずっと安かったんですよー
私、時々ブログネタにしてきたようにサンシャイコーストに引っ越したいと思って家を探していましたが、どんどん高くなってしまってまったく手が出ませんでしたから・・・
クイーンズランドもそのうちバブルが弾けるんじゃないかと期待してましたが、ぜーんぜん弾けません(;_;)

白樺湖、よく遊びにいかれたんですか!
私、その昔あのあたりで仕事してたんですよー
もしかしたらその頃すれ違っていたかな?(…と、一瞬思いましたがきっと世代が違いすぎですね^^;私が仕事してたのは、もうかれこれ25年も前ですー)。
車山高原には、この先ちょくちょく行くつもりなので、お会いできるといいな!(^^)!

ゆめみるのらねこ 12-09-30 (日) 23:51

ワイーンズランド、おいしそうですヽ(‘ ∇‘ )ノ

なんか、すごいお金持ち~みたいな~♪、いいなー。
車山高原って、白樺湖に学生のときはよく遊びに行ったので、その近くっていう微妙に親近感を感じるところです。行きたいな。行きたいな。Kyoさんに会えるかな(←会えません)。

無有 12-09-30 (日) 22:58

おお!
なんかすごい。

勢い在りますなぁ~!

やっぱり、楽しい事は種を蒔かないとやって来ないからね♪
いやぁ、楽しみだね~。

づみ 12-09-30 (日) 20:37

いよいよオープンなんですね
意外に早くてびっくりです。

おめでとうございます。

今シーズンに行けたらいいな〜

KYO 12-09-30 (日) 20:01

▼デイジュさん、わー、お久しぶりです!(^^)!
長野でお会いできたらウレシイですー
オットと子どもたちは、この年末年始も長野に行く予定ですよー!

デイジュ 12-09-30 (日) 18:03

わぁ、凄い!!
私の家からは、52号線を直進して行けますよ。

KYO 12-09-30 (日) 12:13

▼虹のパパ黒山羊さん、

一番乗りのコメントありがとうございます!(^^)!
黒山羊さんには、ぜひともこの宿の情報をお伝えしたかったです。
なぜならばこの宿は、自転車ファンが集う宿なので(*^_^*)
TAMAさんが物件情報を知ったのも、自転車乗りのご主人経由だったんですよー
ホント「ご縁」というコトバがぴったりでした。
数ヶ月前には思いもしなかった方向に人生が転がり始めて驚いてます。

「長野暮らし」jは、どうなんでしょうね…?
これから先の数年間次第ですが、私は今でも「日本とオーストラリアの暖かい時期を移動して暮らす」というのが夢なので、それに出来るだけ近づけたらいいなぁとは思ってますが…。

虹のパパ黒山羊 12-09-30 (日) 12:00

えーっと、定年後にブリスベンの家の電気工事をしに居候に行く って
約束が有ったんですが? 車山で電気工事になってしまったんですか?

それはそれとして、不動産を買うって「勢い」が手助けしないと無理なんですよねぇ。
ほんと「ご縁」という言葉がぴったりで、ある意味「結婚」と同じだと思ってます。

ということで、KYOさんは長野暮らしになるのですか?

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://brisbane.gday.jp/australia/%e8%b3%83%e8%b2%b8%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
長野のゲストハウス from ブリスベン暮らし。

Home > 長野暮らし。 > 長野のゲストハウス

検索
フィード
メタ情報

Return to page top