Home > ストーム | 洪水 > 避難生活で役立ったこと

避難生活で役立ったこと

ブリスベンで発生した洪水時に、自宅で数日間電気の無い避難生活を行ったときのメモを忘れないうちに書いておきます。

まずは、備えておいて本当によかった!と思ったもののリストです。

1. 缶詰などの非常食
2. カセットコンロ
3. ろうそく
4. ラジオ(と、替えの電池)
5. ミネラルウォーター
6. 圧力鍋

7. 太陽電池式の電灯
8. 太陽温水器(シャワー)


だらだら書いていたらえらく長くなったので、詳細はスクロールに入れます。

1.「缶詰などの非常食」

実はウチには非常食らしきものがなく、洪水前日の大雨の日、普段からリアルでお世話になっているかえるちゃんが、
「洪水がやってきたらお店も長期で閉まる可能性があるから食料品を買ってきた」
と言っているのを聞き、あぁそうか!と気づいて慌てて購入してきたんです。
かえるちゃん、どうもありがとう(;_;)ホントに危なかったよ・・・

で、実際に洪水になって世の中からしばらく遮断されてから気づきましたが、米と味噌、はたまた豆や海草などの乾物と言った普段から食べている「日本食」の材料はとっても賢い保存食で、非常食そのものでした!
おかげで慌てて購入したインスタントラーメンなどは、ありがたいことに結局出番がありませんでした。
日本食ってすばらしい!!!

あと、停電で冷蔵庫が使えなくなり、その後も品薄が続いていた間、「粉ミルク(粉末牛乳)」が思いのほか活躍しました。

以前は粉ミルクなんて買ったこともなかったんですが、今年の年末年始にオットと息子が日本に一時帰国している間娘と二人きりですごした際、1リットルの牛乳すらも持て余して腐らせそうになって慌てて飲んだりするのに嫌気がさし、「水を加えればいつでも牛乳の出来上がり!」という粉末タイプをたまたま購入していました。
あまりにも便利だったので、牛乳が普通どおりに店頭に並ぶようになった今でも愛用しています。
ちなみに使用しているのは、スキムミルクではなくフルミルクの粉末牛乳です。


それから「冷蔵庫」ですが、先述のかえるちゃんに「停電になるかもしれないから、それに備えて、冷凍庫でできる限り氷を作っておいたほうがいい」と言われ、なるほど!と洪水の前日に慌てて作った氷のおかげで、冷凍庫は4日間の間、がんばってくれました!

冷蔵庫と違って、冷凍庫はきっちり詰めた方が保冷効果が大きくなって電気代の節約になる!というのをご存知でしたか??
と言っても使う当ても無い氷を作っても無駄な電力がかかるだけでしょうけれど、今回の場合は、冷凍庫の空いている隙間に入るだけのプラスチックのボトル’を用意し、八分目に詰めた水を凍らしておいたので、それが保冷剤となって冷凍庫の中の品々を守ってくれたんです。

実は、最初は停電になったら冷凍庫の中身と作った氷とをクーラーボックス(オーストラリアでいう「エスキー」)に移すつもりでいたんですが、冷凍庫及び冷蔵庫はクーラーボックス以上の保冷効果で、プラスチックボトルの中の氷は4日間もの間、完全には溶けませんでした!
数日間に渡る保冷は想定されていないであろうクーラーボックスに比べて、ほぼ完全に密封されている冷蔵庫や冷凍庫のほうが保冷効果が高いのはちょっと考えればアタリマエといえばアタリマエなんですが、目からウロコでした~。

なお、冷蔵庫は2日目から庫内がだんだんとぬるくなってきたので、その時点で、乳製品などの腐敗しそうなものは冷凍庫に移しました。
停電4日目は、冷凍庫はすっかり「冷蔵庫」の中のようになり、その日は大丈夫だったもののこれ以上停電が続くと危ないかも・・・という感じになりましたが、その夜から、隣の家が発電機を貸してくれたので何とか乗り切れました(;_;)
と、いうわけで、停電も4日までなら、冷凍庫が大活躍してくれます!


2.「カセットコンロ」 5. 「ミネラルウォーター」 6.「圧力鍋」  
これらは災害のためにわざわざ用意したわけではなく、普段から使っているものです(私は電気コンロでご飯を作るのがどうしても苦手で、ガスで調理をすることが多いんです)。
ご飯も普段から電気コンロ+圧力鍋+ミネラルウォーターで炊いています(これらを使うと、オーストラリア産の米もそれなりにおいしくモチモチと炊けるんです)。

圧力鍋を使うとガス代の節約にもなるし、停電中はこの組み合わせが大活躍で、停電でなくても、圧力鍋が二つあってもいいナァ。と思いました。

また、洪水中は水道が丸一日止まってしまい、復旧してからもしばらくは土色ににごった水が出てきて、「飲用の際は10分以上沸騰させること!」とラジオで言っていましたが、電気がいつ復旧するかわからない中での限られたエネルギーでしたから「10分沸騰」というのももったいなく、ミネラルウォーターを常備していて本当によかったです。


3.「ろうそく」 4. 「ラジオ(と、替えの電池)」
ろうそくは、たまたま少し前がクリスマスだったのと私の趣味とで、山ほどストックがありました!
ちょっと前にブログのネタにした「オイル・キャンドル」も役に立ちました。
非常用のキャンドル
以前Tsuki日記in QLDのTsukiさんご夫妻にいただいたワインの樽から作ったキャンドル・スタンドが、とってもありがたかったです(;_;)Tsukiさん、Takaさん、ありがとうございます!

ラジオは、実は、災害用として用意してあったものは電池切れで、そのラジオに使えるサイズの電池のストックも無かったんです。
それに気がついたときには発狂しそうでしたが、日本にいるオットと連絡を取ったら「以前聞いていた日本のラジオが自分の本棚にある」というので、探してみたらそのラジオはたまたまその数日前にブリスベンに戻ってきた息子が日本で買って持ってきていた電池が使えたので、なんとか事なきを得ました。

日本とオーストラリアでは中心となるラジオ局の周波数は異なるのですが、緊急放送を流していた局は偶然そのラジオでも聞けたので本当に幸運でした。
ラジオと電池は、普段からしっかり用意しておかねば・・・と肝に銘じました(が、これを書いている今、未だにその緊急用ラジオには電池を入れてないことを思い出しました(><)いけないいけない・・・)

で、「電池切れ」といえばもうひとつ、

7. 「太陽電池式の電灯」

です。

太陽発電式の電灯
これです。

これは太陽発電で充電するタイプの電灯です。
非常用ではなくオットの趣味で、以前太陽発電のときにちょこっとご紹介したNENSYS New Energy Systemsさんから購入して普段から使っているものなのですが、「まだ使えるのにもったいないから」とバッテリーを交換していなかったんです。
結果、肝心の非常時に充電がきちんと成されず、せっかく晴天が続いていたというのに10分ほどで明かりが消えてしまう状態になっていました(涙)
替えのバッテリーはあったのですが、六角レンチがどうしてもうまく扱えず、私には交換できませんでした・・・

結局お隣のお兄さんにお願いして替えていただき、その日からは無事使えるようになりました!
頼りになるお隣でよかったです(;_;)
一日目はキャンドルで充分で、二日目も電灯はあっても娘のリクエストでキャンドルで生活しましたが、三日目からはだんだんと心細くなってきたので、明るい電灯があったのは本当に心強かったです。


そして太陽エネルギーといえば、今回とっても役に立ったのは

8. 「太陽温水器(シャワー)」


でした。
停電になってしまっても、晴天が続いていたのでお湯はふんだんに使えました。
それだけでも心がホッとして、ありがたかったです。


ところで、我が家には「太陽温水器」のほかに「太陽発電機(ソーラーパネル)」もあるんですが、実はこれ、停電時は使えなくなってしまうんです(><)
なぜかと言うと、発電した電気は直流で、それを家庭の電気として交流にして使えるようにするためにはパワーコンデショナーという機械を使わなければならないんですが、その機械は外部からの電力で動いているんです(;_;)

もちろん外部からの電力を当てにすることなく設置することも不可能じゃないんですが、そのためには、近寄ると人体に多大な影響があるような強力な蓄電池とか音のうるさい発電機などを使わなくてはならないので、広大な敷地があって家から離れた場所に発電装置を置ける場合ならともかく、町なかにある普通の家でそれをやるのは現実的じゃないそうなんです。

でも、日本の太陽発電機は非常時の発電ができるタイプのものも多いとのことなので、ブリスベンでもそれが一般的になったらいいのになぁ、と今回しみじみ思いました。

続いて、あったらよかったのに・・・と思ったものは、

9. インターネットが見れる携帯電話

です。

停電中、ラジオだけが情報源となってしまい、本当に心細かったです~(;_;)
逆に言うと、ネットにアクセスできていたらそれほど不安は感じなかったと思うんですよね。
いかに自分がネットに依存しているかがよくわかりました。

停電中ネットに接続できなかったので子どもとたっぷり時間が取れたのはよかったことのひとつでもあるんですけど、やっぱり心の安定のために、停電してもネットにアクセスできる環境だったらよかったなぁ。としみじみ思いました。

オーストラリアには、日本のような「太陽で充電できる」携帯電話ってのはメジャーじゃない気がするんですけど、あるんでしょうか?
あったとしても、ネットは見れないのかなぁ?

まぁネットはともかく、今回電話回線が切れてしまったうえに、携帯電話の電池も切れそう!となったときにはとっても不安でした。
携帯の電池だけでも、なんとか充電できるような手立てを早急に考えたいと思います。


このほか、ラジオで繰り返し「避難所にくるときには忘れずに!」と言っていたのが

10.パスポートか運転免許証などの自分を証明するもの
11.寝袋


でした。
ほかにも言っていた気がしますが、メモっておかなかったので忘れてしまいました(すいません・・・)
オーストラリアの場合は、被害に遭った人は避難所で給付金の手続きが行えたりするので、振込み口座名などのメモも避難袋に入れておいたほうがいいかもしれません。

それから災害後の意外な役立ちグッズは

12.デジカメ

です。
ありがたいことに我が家は該当しませんでしたが、「洪水の被害に遭った人は、被害にあった物品を、片付ける前に片っ端から写真に撮っておくように!」とラジオで繰り返し言っていました。
これらは後々保険の請求をするときに役に立つんだそうです。
この情報が今後も役に立つような事態に陥らないことを祈りたいですが、覚えておこうと思います。


それにしても我が家は普段からかなりサバイバルっぽい生活だったんだなwというのが今回よくわかりました。
非常時に備えて、小さなお子様のおられるお宅は家庭のイベントとして定期的に「電気を一切使わない週末」とかの体験を楽しく(←ここ重要!)行っておくと、いざというとき役に立つかもしれないですねー。

追記:
クイーンズランド州政府が日本語で出しているお知らせです。
非常時用セットなど、結構役に立つことが載っているのでリンクを貼っておきます。
サイクロンに備える

ブリスベンでの、関連するかもしれない話

ブリスベンの洪水-2, ブリスベンの洪水・その後, ブリスベンの洪水-3, ブリスベンの洪水-1, ご心配おかけしてます・・・, サイクロン・ヤシとブリスベンでのサイクロンの対策, ブリスベンで洪水再び, ブリスベンで洪水警報, クイーンズランド州の大洪水, IKEAのキッチン, 避難袋の中身, 太陽発電と、日本帰りのワタクシ, バレンタインデーと家庭科の図鑑, ブリスベンの町:ウィナムとマンリー、そしてサルサパリラのこと, ばかでかいキュウリと子どものごはん

コメント:20

コメントフォーム
Remember personal info

KYO 11-02-18 (金) 22:08

▼tsukiさん、

新ブログを初めて以来の、第一号のトラックバックをありがとうございました〜m(__)m

アキコさん、上にも小さなお子様がいるそうなので「ひょっとしたら」と思いつつ、いやいやいくら小さな町と言ったって日本人は6000人もいるというしまさかなぁ、と思い直していましたが、なんとやっぱりお知り合いでしたかー!
もう会われましたか?
出産直後でもすごーくお元気そうな映像を拝見し、立派なお母さんですねぇー。
私からもおめでとうございます、とお伝えくださいませm(__)m
tsukiさんも、お疲れさまでしたー。
もう大きなサイクロンが来ませんように、お互い大雨に見舞われませんように!!

tsuki 11-02-16 (水) 14:20

KYOさん、今更ですが、この記事をトラバさせていただきました。
それから、ケアンズの避難先でご出産されたアキコさん、同じプレイグループのママさんだったんです!
本当にビックリしました。

氷情報、本当に役に立ちました。
ありがとうございました。

Tsuki日記 in QLD 11-02-16 (水) 14:18

電気のない3日間

昨日テレビで、被害のひどかった地域の電気が戻りはじめているというニュースを見て、

あ、ブログの更新忘れてた!

と思い出しました。
二週間近くも電気がないなんて、どうい…

KYO 11-01-27 (木) 12:23

▼ディジュさん、

正直に言うと、頼りになる息子が日本からもどってきていたので、オットがいなくてもそんなに心細くはありませんでした(爆)
でも、これが娘と二人っきりのときの出来事だったら・・・と思うと、心底恐ろしくなります。
この点でも、本当に幸運でした。

手で回す携帯電話の発電機なんていうのがあるんですね!
あぁ、でも、日本で購入してきても、電圧が異なるのでオーストラリアの携帯には、充電はできないのかなー。

ディジュさんは、七夕豪雨の体験者だったんですね!
実は私の娘は、ちびまる子ちゃんに載っていた「七夕豪雨」のお話を知っていて、今回の洪水のときは「ちびまる子ちゃんみたい!」と言っていました。

大地震は、怖いですね・・・
私は東京で子ども時代をすごしましたが、関東大震災から数えると地震の波がくる時期だというので、学校でも防災訓練が毎月あって、普段は座布団として使う防災頭巾という名の防空頭巾みたいなものを至急されていたりしました。
あれから35年近くが経つ今でも東京で大地震は起こっていませんが、と、いうことはいつ来たっておかしくないんだ、と時々冷やりとします。

KYO 11-01-27 (木) 12:15

▼黒山羊さん、

実は、停電でネットから遮断されてしまったとき、黒山羊さんのことを思い出していましたよ〜
あれから15年も経つのに、私のネット環境はあの時の黒山羊さんよりも劣っていることがわかりましたorz
電話回線なら、カプラーがまだあるので、プロバイダーさえ対応していればつなげたんだけどなぁ。
っていうか、ADSL回線は生きていたので、問題はモデムの電源をどう供給するか?だったんです。
アウトドア用の、ソーラー独立電源が欲しいなぁ。と真剣に思いました。

KYO 11-01-27 (木) 12:12

▼ハナ★バナナさん、

ね、かえるちゃんすごいですよね!(^^)!
非常食や氷の件だけでなく、かえるちゃんには本当にいろいろ気遣っていただき、心強かったです。
ハナ★バナナさんもかえるちゃん経由での暖かいメッセージ、ありがとうございました!

乾電池は、日本のほうが確実に安い!のみならず、日本の電池のほうが持ちがいい気がするんですけど気のせいでしょうか・・・
オーストラリアの電池って、安いと思って買いだめすると使うときに切れてたりするんです!(涙)

KYO 11-01-27 (木) 12:09

▼づみさん、

ををっ、さすがです>バッチリ!!

冷凍庫ですが、私はずぼらなのでラクしようと思って手のかかる食材は最初から二回分作って一回分は冷凍したりしてるんですが、今回気づいたのは、私が冷凍していた食品の多くは、いざというときは電子レンジが使えないので解凍できなかったりうまく調理できなかったりするということでした(涙)
今後はなるべく電子レンジに依存しないようなものを冷凍するとなど、よく考えてやらないとダメだと思いました。

KYO 11-01-27 (木) 12:06

▼Rooさん、

「4日」と書きましたが、きっと冷凍庫の大きさとかどれだけ中身が入ってるのか?にも拠るんだと思います〜
一度、ご自宅で実験してみるといいかも?(と、ちょっと思いましたが、勇気のいる実験ですね、笑)

電池を使う充電器なんていうのがあるんですか〜
さすが、日本はいろいろなグッズがあるんですね!
いっそ日本で買ってこっちに持ってきておくのがいいかもしれないですね。
情報ありがとうございます!

KYO 11-01-27 (木) 12:05

▼かえごんちゃん、

私も、かえるちゃんだったかかえりんちゃんだったかかえごんちゃんだったか忘れてしまったのだけれど、ハナ★バナナさんが「かえるちゃん」と呼んでおられたのでかえるちゃんで統一してみました(笑)
その節は本当にお世話になりましたm(__)m
非常食や氷の件だけでなく、いろいろ本当にお気遣いありがとう。
このご恩は一生忘れません(マジで。本当に心強かったよ、ありがとうね(T_T))。

KYO 11-01-27 (木) 12:03

▼たいゆうさん、

電気が消えて、我が家で一番困ったのが「冷蔵庫」でした・・・
冷蔵庫なしの生活って、今では考えられないですよね。
でも、これに懲りて、冷蔵庫になるべく依存しない生活スタイルも考えないとならないのかも、とも思いました(って、「思った」だけで、停電が終わったらさっそく依存しまくっているんですけど、とほほ)。

オイルランプですが、停電中、非常時だったのですが「用事の無い人はなるべく外に出るな」と言われていたので家の中でやることもなく、ランプの芯の新しいバージョンを試してみたりしていました(笑)
私が記事に載せたものは、かなりの確率で芯が沈んでしまうようなんです。
「かなりの確率で沈まない芯」を編み出したので、そのうちブログに追記しておきますね!

KYO 11-01-27 (木) 11:59

▼くうくうぐぅさん、ありがとうございます。

私は本当に幸運でしたが、ブリスベン以外で発生した洪水では命を落とされた方も多く、恐ろしい映像を見るにつけ、つくづく人間なんて非力なんだなぁと思いました。
それと同時に、いざとなったときにみんなが一団となっていく様子は本当に頼もしく、人間ってすばらしい!とも思いました。

KYO 11-01-27 (木) 11:57

▼おやびんさん、

実は私、普段は全然氷を使用しないので作ってもいないんです。
だからかえるちゃんが言ってくれなかったら、絶対氷なんて用意していませんでした。
本当に助かりました〜

災害は、来ないに越したことはないですけど「忘れたころにやってくる」と言いますから、私も今後はチェックを怠らないようにしなくては・・・と思ってます(と、書きながらもうすでに忘れかけてますけど、トホホ)。

おやびん 11-01-26 (水) 12:37

なるほど~~~~
冷凍庫で氷を作っておくというのは素晴らしいアドバイスでしたね
かえるさん、すごい!!!
記事を読んでとっても勉強になりました
ありがとうございます!!

電池の買い置きや非常食など、この機会にチェックしてみます

くうくうぐぅ 11-01-26 (水) 11:04

テレビで見る限り 洪水 もう なんて言えばいいのか・・・。
私が知ったのも遅かったので、びっくりしました。

被害がなくてよかったですね。

また そちらの様子をお知らせくださいね。

たいゆう 11-01-26 (水) 10:04

記事を読んでいて勉強になりました。冷蔵庫の事は、なるほど~~と目から鱗で、我が家にはクーラーボックス用保冷剤が在るので役に立つかなと思いました。備えて置かなければと心底思いました。。
ブリスベンの洪水情報をニュースで見ている最中に、地震に遭遇し明日はわが身かもと子供たちを連れて・・・・・と非常に不安になったことを憶えています。
我が家もペットボトルの水でお米を炊いています。お水の心配は在りませんが、本日の記事を読んで、先日KYOさまが記事にしておられた「オイルランプ?」を早く実践してイザというときの為に練習しておかなければと思いました。
有難うございました。

かえごん 11-01-26 (水) 0:20

わーーいい提案ですねぇ!!>電気を使わない週末!
私ってかえるとかえりんとかいろいろな名前にかわってるね^^ 
最近っはかえるだったんだ?!と自分のネームを忘れてしまっていましたー。

 

Roo 11-01-25 (火) 23:54

うわぁ~、色々とためになります。
冷凍庫、4日ももつとはビックリです。

携帯電話は電池を使う携帯用の充電器、ダンナが
出先用にって用意してくれたんですが、ちょっと
かさばるので机の上におきっぱにしてたら電池が
きれてて、必要な時には使えませんでした(>-<)

電池、まめにチェックしなきゃですよねぇ。

づみ 11-01-25 (火) 22:10

用意しておいた方がいいものの中で太陽電池温水器だけ我が家にないです
あとはある
バッチリ!

冷凍庫の話は主人から聞いていました
バッチリ
食べきれない食材がいっぱい冷凍してあります

こうして経験談を書いてくれるとチェックできますね

ハナ★バナナ 11-01-25 (火) 21:02

かえるちゃん、すごい~~!!!
なんと的確なアドバイス!!

我が家でも、いざというときのために、こういうもの、そろえておくことにします!!
乾電池、今度日本に行ったときに大量に買ってこよう!(乾電池、日本の方が確実に安いですもんね)
カセットコンロのガスボンベも、買い足しておこう!
お水も!
寝袋、長年使ってない・・・広げて干しておこう!

虹のパパ黒山羊 11-01-25 (火) 20:32

ありがとうございます。
大難が小難で済んだってところでしょうか?



で、読んでいてふっと「なんかこんなの昔書いた覚えがある」
そう、私が地震に罹災した直後にFWORLDにこんな文章を
書いた覚えがありますね……
(いま私のHPは無くなってますが、ソースはどこかにあったはずです)

違いは「携帯電話」と「デジカメ」ですかね…
地震の時は、携帯電話は黎明期・デジカメも発展途上でしたから…。

逆に、昔も今も変わらないのは「ラジオ」と「あかり(ろうそく)」です。
やはり究極の情報伝達手段はラジオなんでしょうねぇ…。

デイジュ 11-01-25 (火) 18:11

大変だったんですね。
特にご主人が出張中となると心細かった事でしょう。

以前経験した七夕豪雨ときは、前の日に買って置いた生鮮食品が有って助かりました。何時くるか判らない駿河湾沖の大地震為に用意してあるのは
ミネラルウォーター
携帯電話の発電機(手で回します)
乾パン
アルファー米
カセットコンロ
テント一張り
炭とバーペキューコンロ。
寝室を1階から2階に移したりしていますが、実際に家が倒壊した時には
どうなるか判りません。
市の耐震診断では、7割程度の確率で倒壊すると言われています。

トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://brisbane.gday.jp/australia/%e9%81%bf%e9%9b%a3%e7%94%9f%e6%b4%bb/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
避難生活で役立ったこと from ブリスベン暮らし。
trackback from Tsuki日記 in QLD 11-02-16 (水) 14:18

電気のない3日間

昨日テレビで、被害のひどかった地域の電気が戻りはじめているというニュースを見て、

あ、ブログの更新忘れてた!

と思い出しました。
二週間近くも電気がないなんて、どうい…

Home > ストーム | 洪水 > 避難生活で役立ったこと

検索
フィード
メタ情報

Return to page top